YAN鐵 東野田軽便鉄道 

HOナローのスクラッチ車両とセクションレイアウトを御紹介しています。 (東野田軽便鉄道は架空の鉄道会社です)

☆☆ミニジオラマ

敷田停車場

20220426

001

002

20220425

軽便鉄道で見かける小さな停車場を作りたくて制作しました。
ホームは7m級気動車の単行が止まるくらいの有効長しかありません。
元々は警報機のない踏切がある、ミニジオラマだったのを改修しています。
ホームの向かいにある廃車体も こちら から移植してきました。
制作に関してはいつも通り、殆どの物が自作となります。

20220427

20220428

20220430

20220432

20220434

小ぢんまりとしたジオラマですが、また新しい撮影シーンが撮れそうです。

20220431

4.5m級の長さならギリギリ2両編成が止まれそうですが
殆どお客の利用のない停車場なので現実的ではない様です。

支線の終端駅 完成形

1

3

ミニジオラマ ”支線の終端駅” が完成しました。
過去のジオラマやセクションを見ると、空間があると何か埋めないと
思ってしまう所謂、空間恐怖症の症状が出てしまい(笑)肝心の車両の
撮影を行う時に、意外と邪魔で煩い感じになってるのを思い出しました。
そこで今回は急遽、少し物足りない感じで止める事としました。
特に線路側、つまり駅構内に関しては極めてシンプルになっています。
車両を置く際のストレスも少ないですし、色んな角度から撮影できます。

4

制作当初は駅舎横の空間にバス停を作る予定でしたが、計ってみると
小型バスでもギリギリの空間になり、少々無理がある感じでした。
タクシー乗り場がある様な栄えた駅でもないので、出店に変更しました。
更に大きな樹木を1本植えて、何とか駅前らしい感じとしました。

6

では改めてこのジオラマの概要を御紹介しようと思います。

豊郷軽便鉄道の西野田駅は、途中駅である源八駅から分岐する
支線(盲腸線)の終端駅になります。元々は傍にある軍事施設への
物資輸送の為の路線でしたが、終戦後は工場も無くなってしまい
新たに駅舎を建て、地元住人の足として生まれ変わった経緯があります。

2

5

ホームの有効長は一応、2軸車が2~3両は停車できる長さがありますが
そこまでの需要もなく、主に単行運転の車両が入線して来ます。
また側線の先には小型のターンテーブルが設置してあるので、単端式車両が
優先的に入線する事が多い様です。

(総評)

車両撮影の為のミニジオラマで制作したので、シンプルを目指しましたが
小さいながら駅前や給油機など、それ也に充実した内容になりました。
新しい情景が増えると車両撮影も楽しくなると言うものです。

----------------------------------

車両とのコラボ画像は  こちら で御紹介しています。



崖沿いの区間

002

001

撮影用の簡単なミニジオラマを制作しました。
サイズは長さ30cm、幅10cm、高さ12cmになります。
素材は薄いバルサ材を組んで、紙粘土で崖の岩肌を表現。
後はパウダーやターフなどを撒く、いつも通りの制作方法です。
極小のジオラマですが、角度や背景画を工夫すると良い感じに撮れました。
あくまで車両の撮影を目的としたので、なるべくシンプルを心掛けました。

005

008

崖に高さを付けたのは、車両の見上げる絵を撮りたかったのですが
やや足元が見えにくくなったのが反省点です。まぁお手軽に作ったので
この完成度で十分だと思ってます。


----------------------------------

その他の画像は  こちら で御紹介しています。


留置線のある無人駅(伊加駅)

2

4

伊加駅は短い留置線を持つ無人駅です。駅員は常駐してませんが
この駅で客車を切り離したり、一部の貨車の荷卸しなどを行う為に
留置線を設けてあります。また留置している車両の簡単なメンテが
行える様に、廃車体を利用した倉庫が駅の外れにあります。
因みにこの駅で切り離された客貨車は、人力で留置線に移動されます。

12

15

(制作者より)

この所、車両ばかり作っていたので久々にジオラマを作りました。
留置線とホームが接する形としたので、扇形のホームを作りました。
これで見た目も楽しい無人駅になります。倉庫や農業倉庫は以前
作った車両や建物を新たにウェザリングして、再利用しました。
待合室と小物は、一部にエコー製を使用しましたが殆ど自作です。
大きさは600mm×200mmになります。

----------------------------------

その他の画像は  こちら で御紹介しています。

川縁を行く

river1 (1)

river1 (2)

river1 (3)

久しぶりにミニジオラマを制作しました。
今回のテーマは ”川の傍を線路が沿う様に走る光景” です。
特に特徴的な見所もなく、ありふれた鉄道のワンシーンにして
日常の自然と調和した鉄道風景になる様に心掛けました。

大きさは600×270mmで、HOナロー車両でも2~3両
くらいまでなら、余裕で収まる長さにしてあります。
制作と言っても100均の軽い紙粘土で、地形と川底を作って
フォーリッジやパウダーなどを接着しただけです。
メインとなる川ですが、田舎の清流に近い感じに仕上げました。
実は深さは3mmほどしかなく、塗装の重ね塗りで表現してあり
その上から木工用ボンドと透明ニスで、水の流れを再現してみました。
仕上がりは少し青すぎた感じですが、まぁ良しとしましょう。

20210422 (6)

20210422 (18)


その他の画像は  こちら で御紹介しています。



夢之原電鉄(N)の撮影用ジオラマ

1

2

4

5

3

Nゲージの撮影に使える簡単なジオラマを制作しました。
縦方向700mm、横方向120mmの細長い直線だけの構成です。
作り方は基本的にナローと同じですので、特段変わった事はありませんが
一部に少し変化を兼ねたアソビ的なシ-ンを入れておきました。
撮影時には殆ど見えないのですが、まぁ個人的な満足と言う事で(笑)。

6

7

9

10

11

夢之原電鉄は電化した鉄道会社なので、架線柱があるだけでもそれらしく
見えるので、簡単なものでも制作して良かったです。


貨物ホームのある駅

2

1117 (9)

”貨物ホームのある駅” の概要。

津田駅は嘗て駅員の常駐する駅でしたが、道路を挟んで向かい側に
荷物を扱う事務所があり、そこへ駅員も一緒に配置しましたので
駅舎は解体して、待合室を入り口側に移築して今に至っています。
(待合室の隣りに空き地のような空間があるのはその為です)
現在は無人駅の扱いになっていますが、貨物の扱いは引き続き行う為
貨物ホームと荷降ろし作業は、無人駅でも毎日行っています。

1

3

製作者より。

という事でやっとミニジオラマが完成しました。
最初は貨物ホームを設置する予定がなかったので、駅の変遷を考えて
少々無理矢理ですが(笑)こういう形の駅として誕生させました。
駅には数人ですが人形を配置してあります。外国製の人形だったので
小加工を施し、リペイントするなどして日本人風に見せてあります。
自分が思う以上に賑やかなジオラマになって、少しローカルっぽさが薄れましたが
部分部分でコマを限定したシーンも撮りたいので、まぁ良しとしました。
今回は時間をかけて楽しめました。久々のジオラマ制作も良いものです。

------------------------------------

その他の画像は コチラ で

車両とのコラボは コチラ で紹介しています。


川を渡る2

kawa01 (1)

kawa01 (2)

kawa01 (3)

トミックスのトラフガーター橋が手に入ったので、簡単な撮影用セクションを
制作しました。線路は同社の道床付きを使用して、枕木を1本おきに削って
間隔を広げています。地形の形状を決めたら後は、全体的にターフやフォーリッジ
などを敷き詰めて全体を構成しています。トラフガーター橋が架かる小さな川は
木工用ボンドと各種クリアカラーを使用して表現してみました。
レジンなどは使用していません。

kawa01 (4)

小さい規模でも川を渡る風景を見るとテンションが上がりますね。

車両とのコラボ画像は  こちら  で紹介しています。



廃車体

haisha (5)a

haisha (2)a

20190327 018
                 (種車になった客車)


(作者あとがき)

今回は鉄道車両を使ったミニジオラマを御紹介します。 
大きさは150mm×100mmのミニサイズになります。
以前制作した自作客車をダルマ状態にして、全体的に朽ちた感じを演出してます。
私の制作する車両は0.3mmの2枚重ねですので、上側のプラ板だけを歪ませたり
傷付ける事で、車体のダメージを表現してます。自作ならでわの手法ですね。 
スケールに合った朽ち方を演出するのに色々と気を使いました。
 

 ----------------------------------


その他の画像は  こちら で御紹介しています。



曲線区間

curve

撮影用の簡易的なジオラマを制作してみました。
考えてみれば曲線をメインにしたものは作った事がなかったので採用しました。
大きさは40cm×25cmのミニサイズになります。

curve (10)

今回はあくまでも撮影をメインに考えましたので、電柱や建物と言った車両よりも
高いものは配置せず、すっきりシンプルなものになる様にしました。
またレールは低い築堤の上に敷いてあると言う設定にして、これも内側での
撮影時に車両がよく見える様にしてあります。アクセントはミゼットです(笑)。

curve (2)

また内側の手前部分はコンデジが置ける様に、わざと何もないフラットな面にしました。
下から見上げる車両を、近くで撮れる様に配慮した訳です。線路はNゲージ用の
道床付きを使用しています。ただそのままだと枕木間隔が狭いので、全てパウダーで
覆って誤魔化してあります。また標識や低い柵などは自作しました。

(作者あとがき)

制作の殆どがパウダーやターフを全体にくっ付ける作業だけだったので楽でした。
リアルな情景ではありませんが安価で簡単に制作できて、しかも撮影に使えますので
こう言うジオラマもありかな?と思いました。


----------------------------------


その他の画像は  こちら で御紹介しています。

 

赤川無人駅

1

2

赤川無人駅

赤川(あかがわ)駅は,本線の東野田町駅と桜小橋駅の中間辺りにある駅です。
島式ホーム1本の駅ですが、ここで必ず上下線の列車が交換する事になっています。
嘗ては構内踏切を渡った所に駅員の事務所がありましたが、老朽化で取り壊されました。
運転本数も少ない軽便鉄道ですので、信号もありませんがタブレット交換は行われています。
ホームの長さは比較的ゆっくり取ってあり、当鉄道の3両編成まで停車できます。 


3

4

(管理人談)

車両も色々と増えて来ましたので、何とか2台横に並べられないかと思い
簡易的ですが島式ホームの交換駅という設定で制作しました。 

制作で特に拘った部分はありませんが、車両の撮影台を兼ねているので
余りゴチャゴチャとさせずにシンプルになる様に心掛けました。
線路は今回もトミックスの道床付き線路の枕木を間引いた物を使ってます。
パウダーやフォーリッジは既製品ですが、後は毎度プラ板・プラ棒・厚紙などを
使ったオール自作となっています。


-----------------------------------

その他の画像は こちら で御紹介しています。



(お知らせです)

ツイッター 始めました。沢山の方に見て頂けると嬉しいです。






旭町停留場

asahi (2)

asahi (3)

旭町停留場

旭町(あさひちょう)停留場は,野田町駅から数えて3つ目にある簡易駅になります。
開業当初は列車同士が交換できる様に,2本の線路とホームがありましたが
現在ではその設備は撤去され,単線ホームになっています。また単線化された際に
駅から停留場扱いになりましたが,駅名看板は ”旭町駅” のままになっています。
嘗ての構内踏切に続く導線は,今は資材置き場として使用しています。

asahi1 (4)

asahimono (4)

(管理人談)

鄙びた停留場が欲しくなったので制作してみました。
車両の撮影も兼ねてますのでホームの向かいには,なるべく障害物を置かない様に
しました。土のままのプラットホームの制作は今回が初めてだったので,どうなるのか
ちょっと不安でしたが,思ったよりも自然に出来上がったので満足しています。

今回1番面倒だったのが実は線路でした。今回もトミックスのNゲージの道床線路
を使っているのですが,枕木を1本ずつ彫刻刀で削り取って間隔を開けて
軽便鉄道の線路っぽくしてあります。こちらも思った以上に良い感じになりました。


-----------------------------------

その他の画像は こちら で御紹介しています。




 

小さな鉄橋

tenuki (1)

前回制作したミニレイアウトで余った人工芝を活用して小さなセクションを作りました。

tenuki (2)

tenuki (3)

tenuki (4)

今回は車両撮影用のミニジオラマとして制作しています。
ですからタイトルにもありますが,細かい表現は省略して手軽に運べる様に
簡易的な造りとしました。大きさは縦20cm横40cmほどのミニサイズになります。

tenuki (6)

tenuki (7)

設定としては低い鉄橋が架かってますが,万年水量が殆どない川で
雑草が生い茂るローカルなワンシーンと言った感じでしょうか?
殆どが人工芝で埋め尽くされたセクションですが,思ったほど違和感もなく
むしろ模型的には良い塩梅の密度になったと思います。

凝ろうと思えば色んな部分に手を入れる事ができますが,逆にいえば
この程度の出来でも,そこそこの雰囲気は味わえるものなんだと思いました。


----------------------------------

車両とコラボした画像は  こちら で御紹介しています。


 

川を渡る

1

鉄橋が川を横切る定番のシーンをミニサイズですが制作しました。
今回のテーマは ”郊外の何の変哲もない普通の川” でして
よく上流などで見られる岩や石の演出でもなく,また鉄橋自体が名所でもない
雰囲気を目指してます。まぁ実際じゃ,そっちの方が大多数ですしね?

2

しかし模型にしようとすると,意外と何もない普通の川を演出するのって難しくて
色々と構想の段階で思い悩んでました。尚且つ今回も車両の撮影用も兼ねてますので
肝心の車両が引き立たなければ意味がないので,更に悩ましい訳でして・・・

3

結局のところ出来上がったのがこんな感じです。
鉄橋や橋脚は見ての通り,トミックスのNゲージ用を使用しています。
使用に関しては特に意味はなく,たまたま家にボロの在庫が眠っていただけです。
川の表現は木工用ボンドと水性ニスを何層も塗り重ねて表現しました。
浅い川ならシリコンなどを使わずとも,十分に雰囲気は出せますしね。
後は皆さんが知ってる様な手法で制作しています。

それにしても川という存在は規模に限らず効果が大きいですね。
私の拙作の車両たちでも良く見えてしまうのが嬉しいとこです(笑)。


(追伸)

橋脚の一部にボンドの白濁部分が見られますが,これは改修・解消してます。
画像集の途中から変わってます。

-----------------------------------

その他の画像は こちら で御紹介しています。

また YAN鐵コラム も同時更新しました。 宜しければドウゾ。

廃車体と線路

img_20171110-193553

今回はミニセクションと言うよりもミニジオラマと呼ぶ方が良いかも知れません。
題名の通り,線路脇に廃車体がある光景になります。

img_20171110-193823

img_20171110-193834

小さな人形が乗せてあった飾り台がありましたので,そのサイズに合う様に作りました。
大きさは270mm×200mmですから,線路も斜めに敷いてS280mmが限度でした。

img_20171110-194226

実はこの廃車体ですが,本当は東野田線初のディーゼル機関車として登場する
予定だったのですが,やはり単端だけで行こうと思い直して結局不採用になってた
車体なんです。動力まで組み込んでいたのですが敢なくジャンクとなりました。
もう1つの客車は機関車だけでは寂しいので,新規に作った元倉庫という設定です。

今回の作品も車両の撮影も兼ねて制作したのですが,車両を置いてみると
正面から撮影する分には良いのですが,その他の角度で車両を撮影すると
殆ど廃車体が見えなくなるという初歩的なミスを冒しました(笑)。
そういう経緯で ”ジオラマ” と名乗っている訳です。オハズカシイ話です・・・

---------------------------------- 


そのほかの画像は こちら で御紹介しています 
 

鳥居が立つ区間

img_20171005-190802

今回は鳥居の傍を走る単線区間を制作しました。
大きさはおよそ450mm×350mmくらいになります。

img_20171005-190837

img_20171005-190843

今回のメインは鳥居の存在と言う事になりますが,鳥居を潜るとすぐ神社という
事ではなく ”ここから参拝道が始まる” という設定にしてみました。
山間や地方の神社にはよくあるシチュエーションではないでしょうか?

配置は単に鳥居がある区間というのでは,ちょっと物足りない気がしたので
枕木方向に高低差を設けてみました。鳥居の両脇の森も僅かに1段高くなっていて
3段の土地構成になっています。これによって車両撮影を行う時に様々な角度から
撮影できるので,そういった効果も狙ってみました。

img_20171005-190918

img_20171005-190925

居を含めストラクチャーは全て自作してます。また今回は線路の枕木を自作して
間隔をナロー仕様に敷き直してあります。道床がありませんからバラストを捲いてるので
いつもより実感的に見えます。やはり線路もナローでないといけませんね。

(制作者あとがき)

今回の作品は前回御紹介した ”野田口駅” と同時進行で制作していました。
・・・というより,こちらの方がメインだったのですが完成が遅れまして(笑)。
鳥居と線路のコラボは以前から練っていた構想の1つでした。
神社自体を絡めると空間的にも無理がありますので,今回の組み合わせは良かったと・・・。
鳥居も本当はエコー製のパーツを買ってたのですが,仮設置してみると思ったよりも
立派すぎたので,仕方なくプラパイプやプラ棒で自作しました。石灯篭も同様です。

最初のレイアウト構想では,実は石垣下に並行する渓流を表現しようと思ったのですが
空間的に狭過ぎて川の表現がキツそうだったのと,鳥居と川というダブルテーマでは
少々盛り込み過ぎかなと思ったので,途中で段差のある土地という設定に変更しました。
川は次回以降のお楽しみという事で置いておく事にしましょう。

線路も最初はトミックスの道床付きを使うつもりでしたが,枕木間を埋めるのも
面倒だったので思い切って枕木をプラ棒で自作して敷き直しました。
線路と枕木は接着してあるだけです。スパイクが無いのでウソっぽいのですが
走行させる訳でもないので今回はコレで行く事にしました。やはりナローには
ナロー用の線路の方が似合いますね。貧弱さがナローっぽいというか・・・。

------------------------------------

その他の画像は こちら で御紹介しています


野田口(無人)駅

img_20171005-190249

今回は6cmサイズの車両が2両入る小さな無人駅という設定です。
200mm×250mmという机の上に置けるインテリア感覚で作りました。

img_20171005-190331

img_20171005-190338

img_20171005-190345

軽い気持ちで作りましたので特にどうと言う事はないのですが
線路やホーム側面の石垣模様などを除いて,全てプラ板やプラ棒などで自作しました。
線路は今回もN用の道床付きを使ってますが,枕木部分を粘土で埋めるなどして
枕木間の間隔を目立たなくしてみました。私的には然程問題には感じません。

img_20171005-190405

草を盛大に生やしましたので,小スペースにも関わらず材料を沢山使いました。


(制作者あとがき)

今回の作品は棚の上にポツンと置けるインテリア感覚で制作しました。
小さくても情景の中に車両があると,其れ也に良く見えるので助かります(笑)。
さて軽便鉄道の駅と言えば私の中では余り立派な感じではなく,どちらかと言えば
質素&簡素な無人駅が似合うイメージがあります。ですので駅前?には雑草が
生い茂る雰囲気を盛大に表現してみました。基本的にはフォーリッジクラスター
を使用してますが,線路際にはKATOのフィールドグラスを使用して立体感を
強調してみました。切って束ねて植え込むのは相当に手間の掛かる作業でしたが
御覧の通り,なかなか良い感じの雑草具合になってくれました。

今回は今までストックしていたレイアウト用品やダンボールなどの廃材などを
使用しましたので制作費はゼロ円だったりします。まさに究極のエコです(笑)。

-----------------------------------

その他の画像は  こちら  で御紹介しています。

 

井中駅

img_20171005-185707

木造駅舎とホーム1本を持つ田舎の駅です。大きさは420mm×360mmくらいです。
線路は全部で3本ありますが,1本は側線扱いになり車両の留置に使用します。
またホームを挟む2本は上下線という扱いではなく,ここから2つの路線に分岐している
という設定にしました。従って単線が2本集まっているミニターミナルという設定です。

img_20171005-185749

ホームはスタイロフォームの積層に100均の紙粘土を密着させて整形時に
ガタガタになる様に仕上げてあります。構造物などは全てプラ板&棒で自作しました。
線路はナロー用が枯渇して手に入らなかったので,Nの道床用を加工してあります。
当然枕木の間隔が狭いのですが,ここは気にしない方向で行く事にします(笑)。

img_20171005-185818

駅前の設定は色々と候補がありましたが,今回は畑にしてみました。
私の制作したナロー車両がフリーのサイズになっていますから,既製品のパーツや
小物では大きさが合いません。仕方ないので建物や小物などは全てプラ板やプラ棒などで
フルスクラッチしました。えらい苦労しましたがまた非常に楽しくもありました。
やはりジオラマがあると車両の存在も引き立ちますね。
小さなセクションですが頑張って制作して良かったです。

(制作者あとがき)

久しぶりにナローセクションを制作しました。構造物などを作り始めたのが
2月頃(H29現)でしたので,小さいくせに完成まで実に4ヶ月を要しています。
これは記事の中でも述べましたが,私の制作したナロー車両の大きさがフリーなので
市販されているストラクチャーなどの大きさが微妙に合わずに自作した為です。
お陰でホームや駅舎は勿論の事,信号機や電柱・・果ては水道や農機具までプラ板や
プラ棒で自作しましたので,正直何度か挫折しそうになりました(笑)。

でも面白いもので色々と自作していますと,そのクオリティは別として(笑)
やれば何とか出来るもんだと思った訳です。そういえば大昔はストラクチャーなどが
市販されていない頃は,自作するのが当たり前の世界でしたからそういった時代を
追体験できた様な気がしています。これぞ鉄道模型趣味の原点みたいな・・・。

こうやって自分の作った車両が,自分の作ったセクションに置かれているのを見ると
既製品には無い独特の味わいがある様な気がします。ナロー模型の世界はこういった
各人の創作や個性が顕著に出やすい世界なので,その魅力にハマるのでしょう。
これが本当は模型の世界では普通の事なのだと思う反面,現在の様に車両ばかりが
注目され収集する世界が主流になっているのであれば,一般的ではないのかも知れません。
NゲージャーやHO車両収集家には高い敷居に感じるのも頷けます。
まぁ本当は高いも低いも自分次第なんだろうなぁ・・・と思うんですけどね?
各いう私も最初は絶対に踏み込めない世界だと思ってましたから。

-------------------------------------

その他の画像は  こちら  で御紹介しています。
 
 

福ノ町(無人)駅

img_20171006-092914

2015年に作った記念すべき第1作目のナローセクションになります。
大きさは450mm×300mmくらいだったと思います。

img_20171006-093208

img_20171006-093217

2両程度が停車できる小さなホームに待合室がある無人駅という設定です。
ホームの向かいの空き地には廃車になった車両が放置してあり
このセクションレイアウトのランドマーク的な存在になっています。

img_20171006-093543

img_20171006-093552

人形と線路際の花,線路以外は全てプラ板やプラ棒による自作になります。
またホーム端の電灯は麦球が仕込んであり,本当に点灯する様にしてます。

随分前に制作した記憶があるのですが今見てもなかなか良い感じです。
サイズが1/80だった為に残念ながら解体してしまいました。

(管理人あとがき)

ナローに接した当時に試し的な感覚で制作した記憶があります。
画像を整理していたら消さずに残っていたので,今回再掲載した次第です。
何しろ初めてHOサイズのストラクチャーや駅をスクラッチしたので
サイズ感が掴めず,結構バランスを取るのが難しかったですね。
唯一の手掛かりは市販の人形でして,これに合わせて作った記憶が・・・

--------------------------------

その他の画像は こちら で御紹介しています

 

来訪者さん
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ