YAN鐵 東野田軽便鉄道 

HOナローのスクラッチ車両とセクションレイアウトを御紹介しています。 (東野田軽便鉄道は架空の鉄道会社です)

☆所属車両(電車)

モハ2形

moha2a (3)

moha2a (1)

moha2a (2)

moha2a (4)

モハ2形は野田橋電気軌道では最も古い車両で、全長も6mしかない小型車です。
以後の車両は、このモハ2形を参考にして各アレンジを加えて登場しています。
乗降用ドアも現在の車両は870mmに対して、783mmと少し狭いのが特徴です。
小型車ですが今も現役で、他の車両と一緒に元気に活躍中です。

moha2 (5)


(制作者あとがき)

やっと電車の動力車が出来上がりました。今回はKATOの小型動力のボギー車を
使用している関係上、どうしても車長を伸ばす事が出来ず、今までの車両よりも
窓1つ分(約1cm)短く制作する事になりました。実際の運用だと非効率な車両ですが
ショーティーな車両は当レイアウトでも可愛らしく、マスコット的な存在になりました。
 
 
 ----------------------------------


その他の画像は  こちら で御紹介しています。

 
 

モハ6形

moha6b (1)

moha6b (2)

moha6b (3)

モハ6形はパンタグラフを装備する制御車で、全長は約7mの小型車ボギー車です。
性能は既出のモハ5形とほぼ同じですが、こちらは両運転台仕様になっています。
両運と言う事で単行での運転が可能で、当鉄道線の主力車両になっています。

モハ5形とは製造時期で若干の違いがあって、モハ6形は前照灯を2つ装備。
また前面窓はフラットな3枚窓になっているのが特徴です。


moha6b (4)


(制作者あとがき)

モハ5形とコンビを組む・・・と書きたい所ですが、今回もトレーラーなので
編成としては成立しても、動力がないので走りません(汗)。動力車を中間車に
するかモハ6形の様に両運仕様にするか迷ってるからなんです。 
 外観上のスタイルは、屋根がカマボコ型のデザインで統一しようと思っています。
どのくらいバリ展が出来るか自分でも楽しみです。
 
 ----------------------------------


その他の画像は  こちら で御紹介しています。


新路線誕生とモハ5形電車

まずはお知らせから。

東野田軽便鉄道では兼ねてから統合の依頼があった、他社の軽便鉄道を
合併する事となりました。名称は ”野田橋電気軌道” と言います。

野田橋電気軌道は元々は、山から産出される鉄鉱石を運搬する路線でしたが
鉱山が閉鎖された事で、地元住人の足として旅客線として再整備されました。
線路規格は開業時のナローゲージをそのまま採用しています。
また沿線には山や渓流言った自然豊かな場所も多く存在する事から
年間を通じて行楽客や登山客なども来られるのが特徴です。

本線からは完全に分断されていますが、傘下と言う扱いになっています。
今後とも宜しくお願い致します。



moha5a (1)

moha5a (2)

moha5a (3)

モハ5形はパンタグラフを装備する制御車で、全長は約7mの小型車ボギー車になります。 
片運転台なので単行運転は出来ませんが、回送での移動くらいの自走は出来きます。 
運用は主に朝夕の通勤通学や観光シーズンなどで使用されている様です。
小型のパンタグラフは当鉄道車両の最大の特徴です。


(制作者あとがき)

いよいよ電化路線も扱う事としました。1/87スケールだとパンタは車体と比べて
大型になるのが定石ですが、今回はあえてワザと小型の物をチョイスしました。
以前やってたNゲージの部品在庫を減らすのと、ケーブルカーの様な小さなパンタの
装備も面白いなと思ったのがきっかけです。グロベンや連結器もN用を使用しています。 
 

 ----------------------------------


その他の画像は  こちら で御紹介しています。




来訪者さん
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ