YAN鐵 東野田軽便鉄道 

HOナローのスクラッチ車両とセクションレイアウトを御紹介しています。 (東野田軽便鉄道は架空の鉄道会社です)

当鉄道の概要

淡宿鉄道開業の御案内

”淡宿鉄道” の概要

(当鉄道の概要)

淡宿(たんしゅく)鉄道は旅客線と貨物線の2つの路線を
持つ鉄道会社です。開業は明治40年で、先に貨物路線が開業し
昭和になって地元住民の要望で旅客線が開業しました。

☆淡宿鉄道淡宿本線 (10駅:35.8km)

旅客線になります。開業は貨物線よりも随分と後になりますが
営業収益の多さから後にこちらが本線になりました。
全線非電化でディーゼル機関車が客車を牽引するスタイルです。
沿線には史跡や観光地も多く、また終点の淡宿渓谷駅には
温泉などもあり、年間を通じて安定した乗車率を保っています。

☆淡宿鉄道貨物線 (2駅:10.5Km)

貨物専用の路線になります。淡宿町は古くから養蚕業が盛んで
桑の葉の栽培があちらこちらで行われています。その為の肥料や
絹糸の運搬など、今でも毎日数本の貨物列車運用があります。
また養蚕以外でも野菜や果物などの運搬もあり、淡宿町農協が
独自で貨車を所有しているのも特徴です。


(製作者より)

軽便鉄道(ナロー)のショーティーをやろうと思いました。
車両は全てNゲージの台車1個分の長さにし、架空鉄道ならでは
の可愛らしくて楽しい鉄道にする予定です。この架空鉄道会社は
自分にとっても集大成になり、今後はこのショーティーをメインに
展開できたら良いなと思っています。


大東鉄道貨物専用線の御紹介

”大東鉄道貨物専用線” の概要

(当鉄道の概要)

大東~西新喜多 (2駅5.1km)

大東(だいとう)鉄道の開業は大正5年にまで遡ります。
新喜多町で生産される、綿や麦などを運搬する為に開業した
貨物専用線です。沿線には民家などもありますが旅客化される
事もなく、昔も今も貨物だけを扱う鉄道として今に至ります。
軌間は765mmのナローゲージとなっています。

(車両について)

ワムタイプやトラタイプの2軸貨車が数量ありますが
当鉄道が製造した専用貨車も在籍しているのが特徴で
青いボディ色で見分ける事が出来ます。貨車を牽引する
機関車は数量あって、様々な形態のものが在籍しています。
貨物専用の路線ですので客車は在籍していません。


豊郷軽便鉄道の御紹介

”豊郷軽便鉄道” の概要

(当鉄道の概要)

森口町~豊郷町 (10駅15.8km)

豊郷(とよさと)軽便鉄道の開業は古く明治43年にまで遡ります。
開業当初は、豊郷町で産出される木材を運搬する為の貨物路線のみ
でしたが、昭和に入ってから旅客運用も開始しました。戦時中までは
軍事関係の物資を運ぶ事もあり盛況でしたが、現在は木材チップなどの
貨物運用が僅かにあるくらいで、主に旅客運用が割合を占めています。
鉄道部門は軌間914mmのナローゲージとなっています。

(車両について)

両運転台仕様の小型2軸ディーゼルカーが数両在籍しています。
どの車両も6mに満たない小さな車両です。朝夕は客車を増結して
対応しており、こちらも一部の車両を除いて2軸車を使用してます。
また単端と呼ばれるガソリンカーも古豪ながら一部で活躍しています。


鎌手交通鉄道線 開業のお知らせ

”鎌手交通鉄道線” が開業しました。

(当鉄道の概要)

鎌手~周布町 (5駅12.4km)

鎌手交通は昭和20年に開業した会社で、バス事業と鉄道事業の
2つを運営している会社です。どちらも地元を中心とした
ローカル事業ですが、開業当初から地元住民の重要な足として
親しまれています。またこの会社は地元名産品である水産業や
新聞輸送・郵便事業などの代行も行っていて、その輸送が会社の
財源の40%を占める、荷物事業が盛んな事で有名です。
鉄道部門は軌間914mmのナローゲージとなっています。

(車両について)

両運転台仕様の小型ディーゼルカーが数両、在籍しています。
また様々な職種の、専用荷物車輌が在籍している事が特徴で
それぞれ町の自治体や、郵政省・運輸会社が保持していますが
それを一貫して鎌手交通が管理している方式です。


桜之宮軌道 新路線の御紹介

このほど桜之宮軌道に新たな路線が加わりました。
それまで天神鉄道と言う会社で運営していた路線を丸ごと
吸収合併する形で ”桜之宮軌道天神本線” として運営します。

天神本線は総距離が23.8kmにも及ぶ路線で途中には
14箇所の駅が存在します。沿線は特に際立った名所は
ありませんが、終点の天神前には天満宮があります。
路線は勾配も急カーブも少ない事から、約10m前後の
中型ディーゼルカーが活躍していて、朝夕やシーズンには
客車を連結して運行されるのが常の様です。

車輌の塗色は天神鉄道時代は緑色の単色でしたが
合併された事で、桜之宮軌道の標準色に塗り替えられました。
天満宮の参拝と地元住人の足として活躍する鉄道ですので
貨物運用はありません。また今回の吸収合併により従来の
桜之宮軌道線は支線となり、天神線が本線に切り替えられました。

奥ノ山水源鉄道 開業のお知らせ

”奥ノ山水源鉄道” が開業しました。

(当鉄道の概要)

片ノ町~奥山渓谷 (12駅36.4km)

奥ノ山水源鉄道は大正3年に開業した鉄道で、軌間762mmの
ナローゲージ鉄道です。当時計画中であった奥の山ダム建設の為に
敷設された路線で、ダム完成後は二次的に行っていた貨物や旅客運用
をそのまま継続し運営していました。しかし近年は営業成績も芳しくなく
存続が危ぶまれてましたが、東野田軽便鉄道の傘下となって現在も
地元住民の大切な足として運営されています。

(車両について)

小型の単端式ガソリンカーが10両、客車が5両ほどの在籍数で
また貨車も数両在籍しています。途中の ”奥山下駅” から連続した
勾配区間になる為、常にガソリンカーの重連で運転されています。


新線区追加のお知らせ

”白北電気軌道軌道線” が加わります。

(当線区の概要)

白北町駅前~水田公園前 (10駅12.4km)
八坂~源八神社前 (3駅1.8km)

白北電気軌道軌道線は昭和10年に開業した鉄道で、軌間762mmの
路面電車鉄道です。元々は高倉電気軌道という別の会社が運営していましたが
鉄道事業からの撤退に際に、白北電気軌道が買い取り吸収しました。
電停の始発駅が当鉄道の白北町駅から近い事もあり買収となりました。
路線は本線に加え、途中で分岐する八坂支線の2つがあります。

<高倉電気軌道>
明治40年に開業した会社で、最初は貨物専用の線区でした。
その後、地元住人の要望で旅客運用も始めたのがきっかけです。
やがて貨物運用が消滅し、細々と電車運用のみが残っていました。


(車両及び運行について)

全長5.2m程の超小型の路面電車が数両在籍しています。
車両は全て併用軌道に対応した、ボギー台車の路面電車仕様で
単行で運転されています。運転間隔は30分に1本。

白北電気軌道が開業しました

”白北電気軌道” が開業しました。

(当鉄道の概要)

白北町~菅原橋 (14駅25.5km)

白北電気軌道は大正2年に開業した軽便鉄道で、軌間762mmの
ナローゲージ鉄道です。古くは江戸時代から宿場町として栄えた白北町は
明治末期に養蚕業の地としても有名になり、早くから鉄道建設が望まれました。
昭和になり町工場や倉庫なども立ち並び、今も地元住人の大切な足として活躍
する鉄道です。昭和28年には単線ですが、全線で電化路線となり今に至ります。

(車両及び運行について)

全長7.5mほどの両運転台電車が数両在籍していて、制御車を1両連結して
2両編成で運行するスタイルが主流です。但し昼間の閑散時間帯は単行運転
となり逆に朝晩の運用時には、最大で3両編成で運行される事もあります。

大之浜臨海軌道 開業のお知らせ

”大之浜臨海軌道” が開業しました。

(当鉄道の概要)

三隅町~大之浜 (4駅9.4km)

大之浜臨海軌道は明治中期に開業した鉄道で、軌間914mmの
ナローゲージ鉄道です。目的は大之浜漁港から水揚げされた海産物を
輸送する為に敷かれたもので、基本は貨物運用が主体になっています。
また地元住民の要望で、1日数本ですが客扱いの運用も持っています。

(車両について)

小型の内燃式機関車が3両、貨車は有蓋・無蓋を併せて10両ほど。
また客の輸送用に、単端式ガソリンカーが3両在籍しています。
貨車の編成は最長で3両、ガソリンカーは単行で運転となっています。

榎並電気鉄道 開業のお知らせ

”榎並(えなみ)” 電気鉄道が開業しました。

(当電鉄の概要)

榎並~龍神山参道口 (14駅15.4km)

榎並電気鉄道は大正末期に龍神山の山腹にある竜野寺へ参詣する為に
開設された鉄道で、開業当初はナローゲージの軽便鉄道でした。
昭和に入ってから狭軌の線路に改軌され、他にも沿線で栽培される
お茶などの運搬も兼ねていましたが、昭和中期に貨物運用が廃止となり
以後は細々と旅客運用のみを続けています。現在ではバスルートから
外れた沿線住民の貴重な足として存続しています。

(車両について)

全部で10両の電車が在籍しています。
すべて全長12~14mの小型車両です。朝夕は3両編成の運用が
ありますが、それ以外は殆どが単行か2両編成で運行されています。
また殆どの車両が嘗ての国鉄や、大手私鉄から譲渡されたものでして
それを自社で短縮化させ、独自の改造を行って使用しているのが特徴です。

新路線 ”夢之原電鉄” 開業のお知らせ

新しく ”夢之原(ゆめのはら)” 電鉄を開業します。

(当電鉄の概要)

・本線 : 夢之原~開山峡(20駅30.8km)
・支線 : 夢之原~電鉄東野田(10駅18.2km)

本線は郊外の町から通勤・通学をメインとした路線ですが
終点の開山峡駅は、ここからケーブルカーに接続していて
登山や有名な寺院への参詣が出来る観光路線も兼ねています。
また支線には果物や野菜を運ぶ荷物運用が現在も継続されています。
元々は本線だった路線ですが、後年に支線に格下げされました。
開業当初から東野田軽便鉄道に接続しているのも特徴です。

(車両について)

本線・支線での共通運用で、最長で17mの車両が使用されています。
(これは両線共に一部区間に急カーブが存在している為です)
本線は最大4両編成、支線は2両編成がメインとなります。
当社生え抜きの車両も存在しますが、現在は他社からの譲渡車両を
更新改造して使用しています。また荷物専用の車両も所属していて
早朝の数便には荷物だけの専用編成(果実列車)も運用しています。

私の作るナロー車両は・・・

EnUgYH6VgAAZQd6

EnUgWreUUAAVAxo

私の自作しているHOナローの車両の大きさは、全長7~8cm
全高2.6cm(ダルマ状態)全幅が2.4cmが平均的なサイズです。
動力車はKATOの2軸の小型動力を使用していますが、全長6cmくらいで
側面扉1個バージョンになります。ですので1/80の猫屋線の車両だと
ひとまわりくらい大きくて、流石に一緒に並べたり出来ません。

屋根は主に2mmのバルサ材を使用していますが、時々3mm厚に変えたりして
変化を付けるようにしています。床下の機器は色んなジャンクを見立てて
適当に貼り付けてるだけなので正確ではありません。塗装は全て筆塗りで
ウェザリングはタミヤのエナメル塗料を使用しています。

自作されてる方の比較の対象になればと思い掲載してみました。


桜之宮軌道が追加されました

015a

桜之宮軌道は開業当初から、地元住民の足として利用されている軽便鉄道です。
鉄道名の由来は出発駅付近に、古くから鎮座される桜宮神社から頂きました。
路線は全長10Kmで全線非電化の単線。駅の構成は全部で5駅でして
「桜之宮」「宮向」「榎並町」「葎池」「御幸町」になります。

車両は2軸の単端がメインで、牽引される客車も全て2軸車になります。
以前は貨物運用もあった様ですが、現在は客車運用のみとなっています。
財政難で廃止に追い込まれましたが、地元住民の熱い要望で東野田軽便鉄道が
管理する事となり、正式に傘下となりました。運営方針は変わりません。


”赤雁鉄道” 開業のお知らせ

aka

この度、東野田軽便鉄道は ”赤雁鉄道” を傘下にする事になりました。
赤雁鉄道は木部町~鎌手を結ぶ路線と、同じく木部町~王島神社を結ぶ2路線で
運営される会社で、全線単線の非電化路線になります。沿線には特に名所はありませんが
王島神社は開運の神として有名で、参拝客の輸送など昔から地元住民に愛されて来た
生活路線です。また当鉄道は元々は、東和工業から畑の化学肥料を運ぶ為に敷かれた
鉄道で、現在も貨物運用の一環として専用路線を保有しているのが特徴です。

所属する主力車両は2軸の小型ディーゼルカーになりますが、1~2両程度の客車を
連結するスタイルが常になっています。また貨物運用の為の専用ディーゼル機関車も
所属していて、多客期や繁忙期には稀ですが客車も牽引する事があるそうです。



東野田軽便鉄道の御案内

東野田軽便鉄道は野田町(のだまち)から桜小橋(さくらこばし)を結ぶ
15.5kmの本線と,途中駅である東野田(ひがしのだ)から網島(あみじま)を
結ぶ4.3kmの支線からなる全線非電化の軽便鉄道です。

higasinoda011

開業当初は網島から魚介類などを東野田へ運搬する貨物線だけでしたが
旅客化された際に東野田~野田町が開業。その後は桜小橋まで延長開業しました。
この時に野田町~桜小橋が本線となりました。また貨物運用も数は減りましたが
存続されたので,網島~東野田が支線となりました。鉄道名が東野田軽便鉄道に
なっているのは,開業当初東野田に本社があったのでその名残りです。

763da163-s

1e3687a5-s

166ce48e-s

車両は主に小型の両運転台のディーゼルカーがメインで使用されており
付随客車を1~2両牽く最大3両編成で運転されています。
また日中や支線などでは単行運転される事もよくある光景です。
過去には全長が5mにも満たない超小型単端や,客車も在籍していましたが
(左欄のカテゴリー ”過去の在籍車両” で御紹介しています)
利用客も増加したので現在では7~8m級の車両で統一されています。


来訪者さん
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ