yan (3)

yan (4)

さて前回チラッとお見せした駅舎の作りかけですが,正面から入ってL字型に
曲がってから,プラットホームへと続く構成にしました。またホームとの高さを
合わせるのに土台を嵩上げしています。使用したのはNゲージのホームで
土台部分の石垣パターンもグリーンマックス製のものを切り継いでいます。
N用なので石垣のパターンが少々小さいですが,廃品利用優先の為,多めに見ます。

yan (5)

下地として全体的にグレーに塗ってみました。窓はエコーモデルのパターンを使用します。
第一段階としての塗装ですから,どちらかと言えばサーフェーサー代わりです。

yan (6)

プラットホームはこんな感じに接続されます。
製品は島式ホームですが駅舎側の方は使用しません。片側のみの利用です。
この時点では駅舎も土台もホームも接着してません。もう少し弄るつもりです。

yan (7)

yan (8)

駅舎のみを塗装します。第二段階です。
グレーの濃淡を使用して塗り分けます。また雨垂れやシミも表現しました。

yan (9)

第二段階の塗装ですが,私は100均の紙粘土を硬化させた後にヤスリなどで
粉状にひいたものを塗料に混ぜてから塗布しています。
表面がザラザラした感じになってモルタル風に見えれば・・・と思った訳です。

もう少し弄ってみましょう。    次回へ続く。


---------------------------------

駅舎を自作すると簡単に個性を出せますから,やってて楽しいです。
大体製品のものを利用するか改造するかで,賄ってるパターンが多いのですが
実物の駅舎は色んなスタイルがあるので,かえって個性がある方が引き立ちます。
でもまぁ私の様に ”雰囲気派” なら良いのですが,リアル派の方なら自作も
大変でしょうし,そう簡単にオリジナル駅舎とは行かないでしょうけどね。